特に女性の人は知っておいて欲しい!牽引性脱毛症の原因と治療法

牽引性脱毛症の原因と治療法とは

牽引性脱毛症とは

牽引性脱毛症はポニーテール、エクステといった日頃から髪を強く引っ張ることが多い女性に起こりやすい脱毛の症状と言えます。髪の毛を物理的に強く引っ張り続けることにより抜け毛が増えたり、切れ毛になってしまったり、分け目が薄くなったりします。早期なら髪を引っ張る事を止めたら自然に回復しますが、症状が酷い場合は治療が必要になります。

牽引性脱毛症の原因

牽引性脱毛症の原因は長期的に髪の毛を引っ張ることで頭皮、毛根に負担をかけている事です。頭皮は引っ張られると固くなって毛根が必死に踏ん張っている状態となります。だから頭皮、毛根が疲弊してダメージが蓄積されることにより薄毛となってしまいます。なのでひっつめ髪の人は生え際に牽引性脱毛症になるリスクが高く、次第に生え際が後退してしまいます。あとコテ、ヘアアイロンを日常的に使っている人も抜け毛や切れ毛が増加し牽引性脱毛症になってしまいます。

牽引性脱毛症の治療法

基本的に牽引性脱毛症は髪を引っ張ることを止めたら改善します。ですが、牽引性脱毛症の症状がそれでも改善しない場合はヘアサイクルの乱れている、頭皮や毛根にダメージが蓄積されているからと言えます。牽引性脱毛症の治療方法は頭皮に育毛剤を塗布し栄養をしっかり与える事、頭皮マッサージを行い血行を改善することで血液より栄養がきちんと行き渡るようになります。他にも髪の毛を育てるのに必要な栄養素として亜鉛、鉄分、銅といったミネラル、さらにビタミンB群、ビタミンEといったビタミンを摂取するように心がけるといいでしょう。